コーヒーダイエットの方法や飲み方は?

コーヒーダイエットの方法
コーヒーがダイエットに超効果的!

 

こんな話しを聞いた事がある方も多いと思います。

 

近年、多くのメディアや雑誌でコーヒーの痩身効果が取り上げられているから、確かにコーヒーにはダイエット効果がありそうですよね。

 

しかし!

 

そもそも、コーヒーを飲むだけでダイエット効果を実感する事なんて本当に可能なのでしょうか?

 

また、コーヒーダイエットが可能なら、どんな飲み方をすると効果的なのでしょうか?

 

コーヒーダイエットにおすすめ!

一番人気のダイエットコーヒーはこちら⇒https://www.jp-no1.co.jp/

コーヒーダイエットの方法と飲み方

コーヒーダイエットの方法
コーヒーダイエットは、基本的に1日数杯のコーヒーを飲むだけでOKです。

 

とても簡単ですね。

 

・・・しかし、簡単なコーヒーダイエットだからそこ、正しい方法で行わないときちんとしたダイエット効果は発揮できません。

 

そこでここでは、コーヒーダイエットの正しい方法をご紹介します。

 

ダイエットコーヒーはドリップ式がベスト!

コーヒーダイエットの方法
そもそも、ダイエットコーヒーはインスタントでもOK?ドリップじゃないとダメ?と疑問に思う方は多いと思います。
できたら、手軽に作って飲めるインスタントでもOKならありがたいですよね。

 

…しかし、実はコーヒーでダイエットをするなら、ドリップ式がベストなんです。

 

その理由は、コーヒーに含まれるダイエット効果を生み出す成分(詳細は後述します)の含有量が、ドリップコーヒーの方が多いためです。

 

また、コーヒーに含まれるジテルペン類(カフェオール、カフェストール)という精油成分は、中性脂肪値やコレステロール値を上昇させる成分ですが、ペーパードリップによって多くのジテルペン類を除去できるため、コーヒーダイエットにはドリップ式の方が最適です。

 

また、ダイエットのためにコーヒーをドリップするのは手間だと感じるかもしれませんが、コーヒーの香りによるリラックス効果や精神安定効果も得られるため、このような観点からもインスタントコーヒーよりドリップコーヒーがおすすめです。

 

ドリップコーヒーは手間と感じるかもしれませんが、コーヒー店で飲むコーヒーはもちろん、コンビニで購入できるドリップ式のコーヒーでもOKです。

 

ダイエットコーヒーはホットのブラックで飲む

コーヒーダイエットの方法
ダイエット目的でコーヒーを飲むなら、アイスや砂糖入り、ミルク入りは避けましょう。

 

ホットコーヒーは、内臓や体全体を温めるため、代謝が良くなります。

 

そうして代謝が良くなると、コーヒーに含まれるダイエット成分であるクロロゲン酸やカフェインの吸収効率がアップします。

 

だから、ダイエットの為にはホットコーヒーが一番です。

 

ただし、夏の暑い日など、ホットコーヒーを飲むのが辛いと感じるなら、常温程度に冷ましてから飲んでもOKです。

 

また、当然砂糖やミルクを入れるとカロリーが高くなります。

 

ブラックコーヒーなら0Kcalですが、スティックシュガー1本なら約12Kcal、コーヒーフレッシュなら1個約15Kcal、両方入れれば30Kcal近い数値になるため、1杯のコーヒーとしては意外と笑えないカロリー量になってしまいます。

 

ブラックコーヒーが苦手という方もいらっしゃるかも知れませんが、最初は薄めのアメリカンや、苦味の少ない、浅煎りのロースト豆を選ぶなどして慣れましょう。

 

ダイエットコーヒーは飲むタイミングを考える

コーヒーダイエットの方法
コーヒーをダイエット目的で飲むなら、食後がおすすめです。

 

コーヒーには脂肪の吸収を穏やかにしたり、脂肪の排出をサポートしたりする効果があるため、飲むタイミングは食後がベストです。

 

また、コーヒーは体の運動効率をアップする働きがあるため、コーヒーを飲んでからカフェインが体に吸収され始める30分後に運動を行うと、脂肪燃焼効果をアップさせられます。

 

1日に飲む量は何杯まで?

コーヒーダイエットの方法
コーヒーダイエットは、1日にとにかくたくさんのコーヒーを飲めばOKと言うわけではありません。

 

実は、コーヒーに含まれるカフェインは、摂取しすぎると頭痛や吐き気、めまいなどの副作用を引き起こす恐れがあるため、1日に500mgまでと決められています。

 

コーヒー1杯(150ml)に含まれるカフェイン量は約90mg。

 

そのため、1日にコーヒー5杯程度までが上限となりますが、できれば4杯くらいまでに抑えておきましょう。

 

つまり、1日3食の食後 プラス コーヒーブレイクで1杯と考えて飲めばOKです。

コーヒーダイエットの効果

コーヒーダイエットの方法
コーヒーダイエットには美容面だけでなく、健康面でも様々な良い効果があります。

 

ここでは、コーヒーの主な効果をご紹介します。

 

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを活発化する作用を持っています。

 

体内に蓄積された脂肪は、リパーゼによってエネルギーへと代謝されるため、カフェインの摂取により脂肪燃焼効果のアップに期待できます。

 

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、糖質の分解スピードを緩やかにする働きを持っています。

 

これにより、余分なカロリーを脂肪へ代謝するのを防ぎます。

 

代謝アップ効果

コーヒーに含まれるカフェインには、脳の中枢神経系を刺激する働きがあるため、脳を覚醒状態へ導きます。

 

そうすると、血行が促進されるため、体の代謝能力がアップします。

 

例えば、基礎代謝量が200Kcal上がったとしたら、ご飯茶碗1杯ほどの白米と同じくらいのカロリー量になります。

 

何もせずに、ご飯1杯をガマンしたのと同じ効果を得られるのは凄く大きいですね。

 

デトックス効果

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があります。

 

尿の排出が頻繁になると、体内に蓄積された毒素や老廃物も一緒に排出され、デトックス効果に繋がります。

 

ただし、頻繁に尿をすると体が水分不足になりやすいため、常温の水をこまめに摂取するようにしましょう。

 

アンチエイジング効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、抗酸化作用の高い成分として有名な「ポリフェノール」の一種です。

 

そのため、クロロゲン酸も高い抗酸化作用を持っています。

 

人間の体は酸化によって劣化し、シミやシワ、たるみなどの老化現象を引き起こします。

 

しかし、抗酸化作用は、体内で強力な酸化力を持つ活性酸素が発生するのを防ぐため、アンチエイジング効果を生み出します。

 

リラックス効果

コーヒーの香りが大好き!と言う方は多いと思います。

 

何となくコーヒーの臭いをかぐと、ホッとしたりリラックスすると感じますよね。

 

これは、コーヒーの臭いが脳にα波を多く発生させるためです。

 

ダイエットをしていると、肉体的にも精神的にもストレスがたまりがちですが、コーヒーの香りでリラックスして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

糖尿病予防

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、糖質の吸収速度を遅くする作用を持っています。

 

これにより血糖値の急上昇が抑えられると、糖代謝ホルモンのスンスリンが過剰に分泌するのを防ぎます。

 

そうすると、すい臓は常に適切な量のインスリンを分泌するため、糖尿病の予防に繋がります。

 

動脈硬化予防

コーヒーにはポリフェノールの一種であるフェルラ酸が含まれています。

 

通常、血液中にコレステロールが増えると、コレステロールを食べてくれるマクロファージという細胞が発生しますが、コレステロールを一定量食べるとマクロファージは死んでしまい、この死骸が溜まって動脈硬化になってしまいます。

 

しかし、コーヒーに含まれるフェルラ酸は、マクロファージを復活させる作用があるため、動脈硬化を防いでくれます。

 

コーヒーに含まれるポリフェノールが血管の弾力をアップすると言われているのは、このフェルラ酸のお陰です。

 

必見!

ダイエットコーヒーに最適な「エクササイズコーヒー」の口コミ効果を集めて検証しました!

 

エクササイズコーヒーの口コミや効果ってどうなの?と言う方はぜひご覧くださいね♪

 

>>>エクササイズコーヒーの口コミ効果トップページへ